荷物・人荷エレベーター用 2021年 新型巻上機
CDHシリーズ型(ダブルヘリカルギヤマシン) 特許出願済み 意匠登録出願済み

ヘリカル 3段ギヤの減速機を使用している従来品と比べ、エレベーター用に減速比を固定した、ヘリカル2段ギヤマシンです。
2段ヘリカルにする事により「省スペース」「高効率」「低騒音」「低コスト」を実現致しました(特許出願済み)。


主な特徴

  1. 他機種と比べ全高が低く、ピット・機械室内へコンパクトに収まる
  2. 国土交通省 大臣認定仕様の強度 及び安全性を確保
  3. ヘリカル2段構造の減速機を自社製作し、コストを抑制
  4. 高効率・静音設計
  5. ディスク型 ダブルブレーキを搭載
  6. ブレーキトルク検出用軸が装備されており、トルクレンチによるトルク計測が可能
  7. C2時、ブレーキ開放による、巻上機自身によるリレベリング運転が可能
  8. シーブ材質はFCD550以上(ロープ種E対応)
  9. モーター:フランジ横型全閉 200/400V 50/60HZ
  10. エンコーダー信号形式: ラインドライバ/コンプリメンタル 選択が可能

■2021年6月 国交省大臣認定部会申請予定
※2021年3月現在参加受付中です。お気軽にお問合せ下さい。

ローピング 2:1

フレーム型式 定格積載 軸荷重 シーブ径 ロープ径×本数 カゴ速度 定格
(kg) (kg) PCD mm×本 (m/min) モーター容量
CDH1 1000 4000 500 φ10×4~5 30/45 5.5kw 4P
φ12×3~4 60 7.5kw 4P
CDH2 2000 7000 500 φ12×4~6 30/45 11kw 4P
60 15kw 4P
CDH3.4 3400 11000 660 φ12×5~8 30/45 22kw 4P
φ14×4~6
φ16×4~6 60 30kw 4P
CDH5 5000 15000 660 φ14×4~7 30/45 30kw 4P
φ16×4~8

ローピング 1:1

フレーム型式 定格積載 軸荷重 シーブ径 ロープ径×本数 カゴ速度 定格
(kg) (kg) PCD mm×本 (m/min) モーター容量
CDH1 500 4000 500 φ10×4~5 30/45/60 3.7kw 4P
φ12×3~4
CDH2 1000 7000 500 φ12×4~6 30/45/60 7.5kw 4P
CDH3.4 1500 11000 660 φ12×5~8 30/45/60 11kw 4P
φ14×4~6
φ16×4~6
CDH5 2300 15000 660 φ14×4~7 30/45/60 15kw 4P
φ16×4~8